Shopping bag (0)
Shopping bag (0)

現在あなたのカートは空です。

The principle of visibility

「手遅れになるまで見えなかった。」 

その瞬間に止まることができなかった。十分に見えなかった。」 

どちらも、事故の余波で頻繁によく聞かれる発言です。 

さらに踏み込んで、自転車に乗っている人や歩行者など、より脆弱で危険にさらされている側に責任を転嫁しようとする人もいます。自転車に乗るときはいつでも、「安全を保ち、見られている」という古い格言を常に思い出す価値があります。 

ロング氏は、初めての徒歩であれ二輪車であれ、交通安全の基本を学ぶ子どもたちにこう言いました。このことわざは、安全を守るための核心をついています。 

可視性は私たちの保護において重要な役割を果たします。自分自身をすぐに見てもらえるようにする準備すること、他人が自分自身を適切なタイミングで見てくれる可能性を高めます。可視性は自分たちの存在に注目を集める最も強力なツールであり、また確実に注目されるようにならないといけません。可視性の原則は、POC にとって長い間重要であり、AVIP (注意、可視性、対話、保護) コンセプトの中心的な要素です。このコンセプトは、製品設計プロセスのあらゆる段階で私たちの考え方にあり、製品全体にわたってライダー注目を集められるようにしています。 

シンプルで効果的な方法として、複数のリアライトを使用し、それぞれを異なる高さに配置することや、反射性のディテールウェアの一部含ませたりしています。天候や光の状況に関係なく、ほんの小さなことでも視認性に違いをもたらし、私たちの存在に注目を集めることができます。 



対照的な色のスプラッシュを使用することも、注目を集めるのに役立ちます。ボディの手足・先端にある明るい蛍光色は、視認性を向上させるのに役立ち、ペダルをこぐときや方向転換の合図のために手を差し出すときに他の道路利用者の目を引くのに役立つ可能性があります。 

このようなシンプルで基本的なことに従うことは、自転車を乗るたびに自分自身を注目させるための最も簡単な方法です。 

Photos by: Olle Kirchmeier & Maja Johansson

視野性を向上する商品_

#wearepocとタグ@pocsportsを写真に入れると、ここで紹介されるチャンスがあります。