Shopping bag (0)
Shopping bag (0)

現在あなたのカートは空です。

innovation

The Science of Multiple Certification

それは常に安全から始まります。解決する必要がある問題を明らかにする。

当初から、私たちは明確な解決策がない問題の解決に取り組んできました。私たちの最初のヘルメットであるSkull Compを発表して以来、私たちは常に人々のスキーのやり方に合わせたプロテクションを作り出すよう努めてきました。スキーのスタイルが変化するにつれて、人々のプロテクションへのニーズも変化します。適切なプロテクションを常に追求することが、私たちが革新を続ける理由です。事態が悪化した場合に最も遭遇する可能性が高い種類の衝撃から人々を守るための新しい方法を見つけることに取り組んでいます。

近年、技術の飛躍的な進歩により、より多くの人がより多くの山にアクセスできるようになりました。より多くのスキーヤーやスノーボーダーがリフトで行ける範囲から離れ、山の奥地を探索しています。多くの人が登山のためにスキンを使用していますが、新しいコースに行くための登山やそこでスキーをする人も増えています。当然ですが、物理的に持ち運べるキットは限られているため、登山用とスキー用の2つの異なるヘルメットを持ち歩くのは現実的ではないでしょう。

 

ヘルメットが1つだけに限られてしまいます。そしてそれにより、人々は山にいる時間の一部を不必要な危険にさらされることになります。そこで私たちは、頂上へ向かうときも下山するときも同様に機能するヘルメットの作成に着手しました。

頂上への旅は山のふもとから始まるのではなく、家から始まります。したがって、Calyxを自転車でも使用できるようにしたいと考えました。サイクリングやギアの持ち運び時にヘルメットが快適に着用できるように努めました。そして、山への旅が進むにつれて、ヘルメットに対するニーズも変化します。そこで私たちは、登山中にヘルメットがあなたを完全に保護できることを確認したいと考えました。

サイクリングの安全基準とスキーの基準を一緒に通過させるには、サイクリングや雪上でのあらゆる形式の単一アクティビティ用ヘルメットを作成するときに従う過程と同様のプロセスに従いました。どちらの規格でも、ヘルメットは同じ種類の、比較的近いレベルの力による衝撃試験にさらされます。1つのヘルメットが両方のテストに確実に合格できるようにするために、プロセスを微調整する必要もありました。


このヘルメットにおいて、登山用ヘルメットがさらされるさまざまな種類の衝撃に耐えられることを確認し、テストすることにより、克服すべき新たなさまざまな種類の障害が私たちに提示されました。

ここでは、着用者自身の転倒から保護するというよりは、落石から保護することを目的としています。これらは非常に異なる衝撃力であり、多くの場合、頭部の異なる部分に発生します。私たちはまず、ヘルメットにどれだけの違いが必要かを確認するために、広範なモデリングと分析を実施しました。


登山用ヘルメットは、内側のEPSライナーが衝撃を効果的に吸収できなくなるため、サイクルヘルメットやスキーヘルメットよりもはるかに硬い外側シェルを備えているのが一般的です。

したがって、克服すべき中心的な問題は、落石やその他の登山関連の衝撃力に耐えるのに十分安定し、かつスキーやサイクリングの事故の中でEPSライナーの性能に悪影響を及ぼすほどではないシェルを備えたヘルメットをどのように作成するかということでした。

これにより、社内のFEMエンジニアであるEbba Larsson Regnstrom がヘルメットのライナーとシェルの素材、密度、厚さのさまざまな組み合わせをテストおよび分析し、デザイナーが迅速に繰り返し対応することによって、身体的なテストが行われる以前にヘルメットの保護特性についてより良い洞察を得ることが可能になりました。


この試験プロセスの結果により、ヘルメットのさまざまな部分の衝撃吸収が完全に最適化される、二重密度EPSライナーを使用したソリューションが見つかりました。

プロトタイピング後にこの分析を繰り返すことで、さまざまな異なる状況で機能するヘルメットを開発しやすくなりました。

しかし、ヘルメットがさまざまな状況で保護できるからといって、すべての状況で快適に使用できるわけではありません。あらゆる状況で、換気は快適さにおいて重要な役割を果たします。ヘルメットの換気方法に対するユーザーの要件は、ヘルメットが使用される特定のアクティビティによって大きく異なります。これが、ヘルメット上部にある直線的なチャネルと煙突のような通気口の両方を備えたツインベンチレーションシステムを作った理由です。

 

トップの通気口は、冷却効果を生み出すためのヘルメットを通過する空気の流れを必要とせず、上昇時に熱を逃がすことができるようになっています。ここでは3段階の調整システムにより、各ユーザーが自分の個人的な要件と一般的な気象条件に基づいて、使用する換気量を完璧に制御できるようになっています

ロードバイクやマウンテンバイクのヘルメットからインスピレーションを得た直線的なチャネルは、空気が頭部の中を自由に流れることを可能にし、サイクリングでもスキーでも快適な冷却効果を提供します。前後の吸気口と排気口に生地・合成物を追加することで、ヘルメットに入る空気の冷気を取り除き、スキー中の快適性を向上させます。

この換気ソリューションの組み合わせは、換気がどのように機能する必要があるかを正確に発見するために、ヒルクライムサイクリングヘルメットを含む、実際のテストの結果やモデリングをして完成しました。

ヘルメットによるプロテクションと着用時の感触の両方に関するこれらの課題を克服した結果が、モジュール原理に基づいた多機能ヘルメット、Calyx です。これにより、家から山の頂上まで到達し、また家まで戻ってくることを可能にします。

街中で被るだけでいいですか?まあ、そこでも機能します。

 

Photos by: Robin O'Neill & POC Sports

 

 

NEW_ CALYX

RELATED ARTICLES

#wearepocとタグ@pocsportsを写真に入れると、ここで紹介されるチャンスがあります。