Shopping bag (0)
Shopping bag (0)

現在あなたのカートは空です。

POCについて_

 POCは2004年にスウェーデンで設立された、コンテンポラリーなデザイン志向のプロテクション&アパレルメーカーで、スノースポーツやサイクリングに関する製品を主に展開しています。POCは、絶対的な品質と画期的な革新を備えた製品開発というクリアなビジョンを抱くブランドです。POCのアプローチは、デザインと安全性に関する70以上の国際的な賞の受賞を実現しています。

POCのミッション_

アスリートやスポーツをこよなく愛する方たちを守り、事故による影響を軽減する。

SEPTEMBER 15,2023

POC appoints new CEO

Read More

SEPTEMBER 24,2018

New Team EF Education

Read More

DECEMBER 16,2016

POC appoints new CEO

Read More

PRチームにお問い合わせください

Add Attachments
  • The Science of Multiple Certification

    It always starts with safety. Uncovering a problem that needs to be solved. Since the
    さらに読む
  • The Thrill Of The Hunt

    マルコ・オーデルマットはスキーのために生まれてきたと言ってもいいでしょう。スイス アルプスのニトヴァルデン地方、つまりスキー文化と歴史が深く根付いた地域の出身である彼は、スキーヤーの家族の中で育ちました。  彼は 2 歳のときに父親によって初めてスキーを履かせられました。父親は地元のスキークラブでスキーレースのコーチでもあり、今日に至るまでマルコが丘で過ごした日々の詳細な記録を残しています。  マルコがスキー技術の熱心な研究者であることは驚くべきことではありません。彼は幼少期をスイスのアイドルであるディディエ・キュシュのキャリアを注意深く追跡しながら、スイス各地のワールドカップを観戦するためにロードトリップしました。彼は熱心なファンから競技者、そして世界チャンピオンへとランクを上げようと長年努力を重ねてきました。  確かに、強力な基盤はありました。しかし、彼が世界クラスのスキーヤーになるために生まれてきたと言うのは、マルコの魔法を見逃していることになります。  Photo: Samo Vidic / Red Bull Content Pool  Photo: Samo
    さらに読む
  • Hedvig Wessel and Storen - The Mountain Decides

    ヘドヴィグ・ウェッセルは、彼女の新しいシグネチャー コレクションのインスピレーション(刺激)となった山とのつながりについて語ります。  私が初めて Store Skagastølstind (Storen) に登ったのは、2022年7月のことでした。この山はノルウェーで最も高く、最も複雑な山の1つであるため、登ってみたいという動機があり、目の前の難しさ、美しさ、冒険に興味をそそられました。私たちは夕方からアプローチを開始し、山のふもとのテントで寝て、06:00に登り始めました。登りはうまくいきました。スクランブル、登山、懸垂下降、氷河歩き、そして14時間後に車に戻るまでの長い下山が入り混じった長い一日でした。    夏にStorenに登頂したので、冬にもう一度登ってみたいと思っていました。Storenは、長いアプローチと頂上までの垂直の氷の登りがあり、非常に困難な冬の登山とみなされています。登るには、熟練したスキーヤーおよび冬季登山家であるか、もしくは氷河地形での移動方法を知っている必要があります。登山は垂直の壁であるため、よく知っていて信頼できるチームが必要であり、自分のスキルの限界について正直である必要があります。私たちの冬の挑戦には、地元の山岳ガイドを含む、雪の安全に関する広範な訓練を受けた屈強なスキーヤーのクルーが参加しました。  Storenは私にとってこれまでで最も挑戦的な冬の登山の一つでした。冬に登るには数日間晴天が続く必要があるため、安全な日は一年のうちにほとんどありません。残念ながら、雪崩の報告を見てガイドと話し合った結果、その日にStoren登頂を試みるのは危険すぎると全員が判断しました。雪崩の危険性は非常に高く、天気は暖かすぎると予想されていました。もちろん、目標を達成できないときはいつもがっかりしますが、私たちは安全上の判断を適切に行いました。  私たちはStorenの隣の山に登ることにしました。空は快晴で、一日中Storenを眺めながら歩きました。新しい山の新しいルートは難しいものではなく、アイゼンとピッケルを使用した長いトラバース(ジグザグ道)で終わりました。日の初めの雪は冷たくて凍っていて、スキーツアーに最適でしたが、午後になるとぬかるみに変わりました。頂上に到着し、スキーを履いた瞬間に日が沈み始めました。  その日はStorenに登ることはできませんでしたが、私たちが下した決断には満足しています。山や登山に関係なく、山の頂上で夕日を眺めるのはとても素晴らしい気分です。その瞬間や景色を友達と共有することは、私にとって常に最大の報酬です。  Photos by: Sophie Odelberg
    さらに読む
  • Craig Murray - It’s all in the details

    スキーと人生において、クレイグ・マレーは独創的なラインを刻みます。彼は現代のシェイプシフター(姿を自在に変える能力のある人)であり、現実的でありながら野心的なビジョンを持っています。スキー映画の著名人、フリーライド ワールド ツアーのメダリスト、ワールド カップ マウンテン バイク レーサーとして、そしてスキーをよりアクセスしやすく包括的なものにするための熱心な提唱者として、クレイグはグローバルな空間とローカルな空間で同時に活動しています。  夢の追求により、彼はアラスカでカミソリの刃のような尾根を下り、表彰台の頂点にも上り詰め、世界的にメジャーなスキー映画にフル出演することができました。彼は自身のビジョンを大画面に持ち込み、ここ数年数多くの映画で製作、監督、主演を務めてきました。今月初公開される『Terra Incognita』は、最新の彼の輝かしい例です。  Photo: Elias Lundh  Photo: Scott Robb
    さらに読む
  • The principle of visibility

    「手遅れになるまで見えなかった。」  「その瞬間に止まることができなかった。十分に見えなかった。」  どちらも、事故の余波で頻繁によく聞かれる発言です。  さらに踏み込んで、自転車に乗っている人や歩行者など、より脆弱で危険にさらされている側に責任を転嫁しようとする人もいます。自転車に乗るときはいつでも、「安全を保ち、見られている」という古い格言を常に思い出す価値があります。  ロング氏は、初めての徒歩であれ二輪車であれ、交通安全の基本を学ぶ子どもたちにこう言いました。このことわざは、安全を守るための核心をついています。  可視性は私たちの保護において重要な役割を果たします。自分自身をすぐに見てもらえるようにする準備することは、他人が自分自身を適切なタイミングで見てくれる可能性を高めます。可視性は自分たちの存在に注目を集める最も強力なツールであり、また確実に注目されるようにならないといけません。可視性の原則は、POC にとって長い間重要であり、AVIP (注意、可視性、対話、保護) コンセプトの中心的な要素です。このコンセプトは、製品設計プロセスのあらゆる段階で私たちの考え方にあり、製品全体にわたってライダーが注目を集められるようにしています。  シンプルで効果的な方法として、複数のリアライトを使用し、それぞれを異なる高さに配置することや、反射性のディテールをウェアの一部に含ませたりしています。天候や光の状況に関係なく、ほんの小さなことでも視認性に違いをもたらし、私たちの存在に注目を集めることができます。  対照的な色のスプラッシュを使用することも、注目を集めるのに役立ちます。ボディの手足・先端にある明るい蛍光色は、視認性を向上させるのに役立ち、ペダルをこぐときや方向転換の合図のために手を差し出すときに他の道路利用者の目を引くのに役立つ可能性があります。  このようなシンプルで基本的なことに従うことは、自転車を乗るたびに自分自身を注目させるための最も簡単な方法です。  Photos by: Olle Kirchmeier & Maja
    さらに読む
  • The weightless expectation

    フルフェイスヘルメットには安全上の明らかな利点があります。重力の影響を受けるトレイルに挑戦するライダーは、頭を完全に覆うことでさらなる保護を得ることができます。  これは一般的なマウンテンバイカー(フルフェイスヘルメットをかぶるようなチャレンジをしていないバイカー)よりむしろ(オートバイの世界でさえも)危険なリスクを伴うことに関連しているシルエットです。ただ、毎日ではありません。  しかし、ボブ・ディランが書いた有名な言葉があります「時代は変わりつつある」。  マウンテンバイクはもはやワントリックポニー(一つしか能力のない人・もの)ではありません。  近年、ライダーは DH ライディング、トレイル、または XC に注目していましたが、エンデューロライディングの発展により、マウンテンバイク、特にキットの機能にまったく新しい視点がもたらされました。  マウンテンバイクはスーパーマシンへと変貌しました。ライダーは、重力の影響でより困難でテクニカルな地形に挑戦し、リフトに乗る代わりに簡単に山の頂上に戻ることができるようになりました。そして、ライダーがさらに遠くへ、以前はペダルをこぐことができるとは想像もできなかった場所へ行くことを奨励されるようになりました。  それはマウンテンバイクライダーにとって黄金時代と言えるかもしれません。そしてそれは確かに、イノベーションと開発における黄金時代と見ることができます。 OTOCONの誕生  この革新的なプロセスは、特にヘルメットにとって、状況が極限まで厳しくなったときに保護する必要があり、さらに一日中ペダルをこぐのに十分な軽さと通気性を備えている必要があるため、これらの新たな要求から生まれました。  そしてまさにこれがOTOCONの誕生です。  マウンテンバイクに新たな視点をもたらすヘルメットです。完全に覆われていますが、完全に換気されています。受賞歴のある当社のロードヘルメットからインスピレーションを得たもので、非常に軽量です。 
    さらに読む

#wearepocとタグ@pocsportsを写真に入れると、ここで紹介されるチャンスがあります。